おでこにできるニキビの原因

おでこにできるニキビの原因は、色々ありますが、大人ニキビのような髪の毛による刺激、整髪剤やシャンプー、トリートメントの洗い残しなどの外部要因とはまた異なります。おでこにできるニキビは、思春期の代表的なものだからです。もちろん、外部要因もありますが、ホルモンの変化による皮脂の過剰分泌が主な原因になります。おでこにできるニキビは、思春期に多く見られるもので、思春期は皮脂の分泌が盛んです。皮脂腺は、おでこにできやすく、思春期になると第二次性徴によるホルモンバランスの変化が起きやすくなります。体の成長に伴って男性ホルモンが増えるので、皮脂の分泌が急激に増えるのです。皮脂は毛穴から排出されるのが普通なのですが、思春期の急に増えた皮脂量に対しては、毛穴の成長が中々追いつかないことになります。分泌された皮脂が毛穴の中に溜まり始めると古い角質や老廃物と混ざり合うことになり、結果的に、毛穴を塞いでしまうことになります。ニキビは、毛穴に皮脂が詰まるのが大きな原因になります。おでこにできるニキビは、毛穴の中の皮脂を栄養分にしてアクネ菌が増殖することで炎症を起こした結果なのです。

肌サプリ