オーガニック化粧品の原料とは?

オーガニック化粧品の原料は、どのようなものなのかと言うと、基本的に95%以上は天然原料とされています。そして植物原料の50%以上がオーガニックであると定められています。遺伝子組み換え原料を使用しておらず、化学香料は使用不可となっていますが、オーガニック化粧品の場合、原料にアルコールは使用可能となっています。
オーガニックというのは、一定の基準を満たした有機無農薬栽培のことを指し、農薬や化学肥料を使わずに育てます。栽培状況を、特定の第三者機関がチェックすることでオーガニックと呼ばれるわけですが、オーガニック化粧品であれば、一概に良いとは言いきれません。無添加で天然由来が原料のオーガニック化粧品でも、アレルギーがある場合、天然素材の種類を気にする必要があります。オーガニック化粧品は、肥料や農薬などの化学合成分を使用しないで栽培されています。有機素材を原料として作られた化粧品なので、自然治癒力を高めながら肌をケアできるメリットがあります。オーガニック化粧品が肌に優しいのは、肌に刺激となる化学物質が含まれていないからです。敏感肌の人でも安心して使用できます。

オーガニック化粧品